少年野球ラボ

少年野球をしている子どもの野球スキルを上達させたい保護者のための情報サイト

少年野球コラム

少年野球「マクドナルド・トーナメント」で配布された手帳『PLAY BALL2016』レビュー(前編)

更新日:

少年野球で、小学生の日本一を決める全国大会「高円宮賜杯(たかまどのみやしはい)全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント」で参加チームに配布された手帳『PLAY BALL2016』が、コンパクトながらとても参考になる内容だったのでレビューします。

※後編もアップしました

スポンサーリンク

子どもでも携帯しやすい文庫本のサイズ

『PLAY BALL2016』と『DVD 試合で使える野球審判のしかたとルール』のDVD、最近、私がイチオシしている野球のルール解説書『わかりやすい野球のルール(2016年版)』を並べてみました。

文庫本と同じサイズなので、子どもでも携帯しやすいサイズです。

巻等特集は柳田選手のインタビュー

手帳の始まりは、福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐(やなぎた ゆうき)選手によるインタビューから。

小学3年生で広島県の西風五月が丘少年野球クラブに入団したとのこと。強豪チームだったようですが、残念ながらマクドナルド・トーナメントの全国大会には出場できなかった模様。

今は左打ちですが、少年野球を始めたころは両打ちでやっていたそうです。6年生から左打ちに専念したとのこと。

お父さんに「ビッグマック」を食べろといわれた

ちょっと面白かったのが、小見出しで“お父さんに「ビッグマック」を食べろといわれた”とあり、さすがマクドナルド、ねじ込んできますねw 宣伝も忘れませんw

身長が6年生の時に160cmくらいで、身体が小さかったということから、お父さんが気にして、こう言っていたそうです。ちなみに、中学生で10センチくらい伸び、高校で20センチくらい伸びて、現在は188センチとのこと。

マクドナルド・トーナメントの歴史や歴代優勝チーム

マクドナルド・トーナメントは全国約12,000チームが出場。「小学生の甲子園」と呼ばれています。

当ブログでもたびたびご紹介している「和気軟式野球クラブ(愛媛県)」は第34回 平成26年(2014年)の優勝チーム。確かこの年は全国約15,000チームが参加だったような。どちらにしても、1万以上のチームの頂点とはスゴすぎ……

前年度優勝は「長曽根ストロングス(大阪)」

平成27年大会(2015年)の優勝は大阪の「長曽根ストロングス」。長曽根ストロングスは第22回 平成14年(2002年)に初優勝してから5回目。2回以上マクドナルドで優勝しているチームはこのチームだけ。すごいなあ。

この大会の前年に優勝している「和気軟式野球クラブ」も出場していますが、2回勝っています。惜しくも準々決勝で敗れてはいますが、人数が少ないチームで優勝したということで有名だった中、さすがですね。

古田敦也さんと「ドナルド・マクドナルド・ハウス」

元ヤクルトスワローズの名捕手、古田敦也さんからのメッセージ。この中で、全国に10ヶ所ある「ドナルド・マクドナルド・ハウス」という入院中の子どもと看病する家族のための施設に、現役時代から古田さんが病院訪問のチャリティ活動をされてきたというお話がありました。

今回「ドナルド・マクドナルド・ハウス」を初めて知ったのですが、マクドナルドが主体的に支援をされているようで、ハッピーセットの売り上げ1点につき1円を支援金に充てているそう。今度食べに行こうという気持ちにさせますね。

2016年、2017年のカレンダー

手帳らしく2016年は月ごと、2017年は見開き2ページの年間カレンダーがあります。

まだまだ盛りだくさんの内容が!

カレンダー以降、以下のような、たくさんの情報がまとまっています。

  • 元巨人の仁志敏久(にし としひさ)さんによる「ベースボール講座」(13ページ)
  • 野球ストレッチ(5ページ)
  • きん張を力に変えよう! だれでもできる! メンタル・テクニック(2ページ)
  • 元西武ライオンズの渡辺久信元監督と仁志敏久さんによる「基本技術レッスン」(12ページ)
  • よく使う! 野球用語(4ページ)
  • スポーツをがんばるための食生活(6ページ)

手帳全体で83ページの中に、これだけの情報が盛り込まれており、既に野球をやっている子にとっても、もちろん役に立ちますが、野球を始めたばかりの子にもぜひ見せてあげたい内容ですね。

大会に参加していない方で、この手帳がほしい方は、ダメもとでマクドナルドに問い合わせてみるか、近所で大会に参加されている子に見せてもらいましょう。

※後編につづく

おすすめ記事

1

自宅に、家の中でできるトスバッティング練習場、と言いますか「トスバッティング練習室」を作りましたので公開します! なぜ、自宅にトスバッティング練習場を作ったのか? 我が家には小学5年生と小学3年生の息 ...

2

『少年野球で日本一強いチーム「和気軟式野球クラブ」のバッティング練習内容』でご紹介した、バッティング練習内容の一部を、うちの少年野球をやっている兄弟の自主練習に取り入れましたので、どのように取り入れて ...

3

少年野球をやっている長男が小学4年生の時に誕生日プレゼントとして「久保田スラッガーのグラブ(グローブ) KSG-J4」を購入しましたので、詳細レビューや使用感などをご紹介します。 ▼ 購入したミツトミ ...

4

我が家の小学5年生と3年生の兄弟は少年野球チームに所属していますが(本記事の公開時)、長男が2年生の2013年、8歳になった直後に野球のピッチング練習器具『スローイングマスターなげる~ん(なげるーん) ...

5

元ニューヨークヤンキース主将のデレク・ジーターさん監修で、ジーターさんもおすすめしていたSKLZ(スキルズ)というブランドのバッティング練習用品『ジップヒット プロ(ZIP-N-HIT PRO)』。( ...

-少年野球コラム

Copyright© 少年野球ラボ , 2017 AllRights Reserved.