少年野球ラボ

少年野球をしている子どもの野球スキルを上達させたい保護者のための情報サイト

少年野球コラム

少年野球で、体罰や暴力、暴言、えこひいきに悩んだら、チームを変えることも検討してみましょう

更新日:

本日、Yahooのニュースを見ていたら『素手でフライ捕球強制、指の腱断裂 少年野球監督が体罰』という記事がありました。
※追記:Yahooニュースの記事がリンク切れになっていたので、朝日デジタルに変更しました。

徳島県の少年野球チームで、ノックによる外野フライを捕れなかった小学5年生の団員に腹を立てた監督が、「グラブで捕れないなら素手で捕れ」と、繰り返し素手でフライを捕球させたとのこと。

この団員は左手が腫れ、医師の診察を受けた結果、中指腱(けん)断裂のけが。保護者が監督に抗議し、辞任を求め、監督を辞める模様。

スポーツ少年団の事務局を務める市教育委員会が監督に事情聴取をし、今回のけが以外にも、団員に素手で殴ったり、バットで尻を叩いたりする体罰を認め、「指導として許されると勘違いしていた」と話したそう。

この団員の子は本当にお気の毒としか言いようがありませんが、このような事はおそらく氷山の一角で、全国の少年野球チームでも、体罰や暴力、心無い言葉や暴言、えこひいきで悩んでいる団員や親御さんがたくさんおられるのではないかと思います。

現在そのような境遇のお子さんや親御さんには、もう思い切ってチームを変えることも検討してみてはどうでしょうか

本日の記事では、チームの移籍について、我が家の実体験も交えてお伝えします。

スポンサーリンク

うちの兄弟が退団し、別のチームに入団した結果

(本記事の公開時)我が家には5年生と3年生の兄弟がおり、二人とも少年野球チームに所属しています。

長男が2年生の時に入団し、次男は1年生から入団しました。その後、ある事情で退団を余儀なくされ、長男が4年生、次男が2年生の7月に別なチームに入団させていただきました。

以前いたチームのことを今は詳細を述べることはできませんが、うちの兄弟が退団した年に、うちの兄弟の2人以外にも2人退団、前の年は3人退団、2年間で7人も退団しているチームです。これはもう子どもとか親(保護者)の問題では無いのは明らかかと思いますが、これ以上は察していただければと思います。

転校でも無い限り、退団なんて通常はありえませんからね。それも7人も……。団員不足のチームが多い中、7人も退団するなんて、下手したら1チームが無くなるくらいの勢いです。

退団後、受け入れ可能なチームをいろいろ探して、入団させていただいた今のチームでは、本当に素晴らしい方ばかりで、まさに天国と地獄くらいの差! もちろん、時には厳しい指導はありますが、体罰や暴言、えこひいきなどは皆無! もう感謝しかありません。

息子たちも、チームを変えたことで本当の野球の楽しさを味わっています。もうノビノビ野球をやっているのが、すぐ分かります。指導内容も素晴らしいので、息子たちはどんどん上達。朝練など、自主練習をやっているのもありますが、今まで長打とは無縁だった長男はライトオーバーの3点打を叩き出したり二塁打すら打ったことが無いのに、いきなり三塁打を放ったりと活躍しています。

本当にチームを変えて良かったなぁと心から思っており、今が最高に幸せです。以前のチームにいた期間は時間を無駄にして、消耗しただけでした。

人はなかなか変われない

体罰や暴力、暴言、えこひいきに悩む、というのは監督やコーチによるものがほとんどかと思いますが、ニュースになったチームのように問題のある指導者が辞めるというのはなかなかありませんよね。

それこそ、子どもに怪我させてニュースにでもならない限り、指導者を辞めさせるというのは現実的には難しいことと思います。

問題のある指導者が改善されればいいのですが、なかなか人は変われないものです。

10歳前後というのはゴールデンエイジと呼ばれ、一生に一時期しかないと言われる運動神経を良くすることができる期間と言われていますが、そんな時期に問題のある指導者の元で少年野球などのスポーツをやるのはその子の野球やスポーツ人生にとって大きな損失です。

今いるチームを辞めるというのも大きな決断が必要で、うちも大変な思いをしたのでよく分かります。

辞めたことで、それまでいたチーム関係者と新たに揉め事が発生するんじゃないか、とか、新しいチームでも何か別な問題が発生するんじゃないか、とか、ユニフォームなどの新たな出費や練習場所までの送迎が発生するなどの、リスクやコスト増が考えられ、それはもう大変な思いがたくさんありました。

しかし、耐え切れなくなって退団し、頑張って移籍したことで、大きな幸せを手に入れることができました

こういうことを体験したからこそ、大変な思いもわかる分、安易に移籍を勧めるのもどうかという思いもあります。

ただ、それでもどうしても埒があかない場合、一生に一度の子どもの人生を少しでも充実させてあげたいという場合は、決死の覚悟で退団、移籍する価値はあると思います

結果として、別な問題が発生したとしても、全力を尽くすことで、後々後悔の無い人生が送れる気がします。

失敗しない少年野球チームの選び方』という記事もありますので、ご参考いただきながら、今が辛い方は移籍も検討してみてはどうかと思います。

おすすめ記事

1

自宅に、家の中でできるトスバッティング練習場、と言いますか「トスバッティング練習室」を作りましたので公開します! なぜ、自宅にトスバッティング練習場を作ったのか? 我が家には小学5年生と小学3年生の息 ...

2

『少年野球で日本一強いチーム「和気軟式野球クラブ」のバッティング練習内容』でご紹介した、バッティング練習内容の一部を、うちの少年野球をやっている兄弟の自主練習に取り入れましたので、どのように取り入れて ...

3

少年野球をやっている長男が小学4年生の時に誕生日プレゼントとして「久保田スラッガーのグラブ(グローブ) KSG-J4」を購入しましたので、詳細レビューや使用感などをご紹介します。 ▼ 購入したミツトミ ...

4

我が家の小学5年生と3年生の兄弟は少年野球チームに所属していますが(本記事の公開時)、長男が2年生の2013年、8歳になった直後に野球のピッチング練習器具『スローイングマスターなげる~ん(なげるーん) ...

5

元ニューヨークヤンキース主将のデレク・ジーターさん監修で、ジーターさんもおすすめしていたSKLZ(スキルズ)というブランドのバッティング練習用品『ジップヒット プロ(ZIP-N-HIT PRO)』。( ...

-少年野球コラム

Copyright© 少年野球ラボ , 2017 AllRights Reserved.