少年野球ラボ

少年野球をしている子どもの野球スキルを上達させたい保護者のための情報サイト

少年野球コラム

少年野球で指導者が子どもを野球嫌いにさせている

更新日:

前回の記事、『少年野球でケガをさせた監督を擁護するコメントに対して、スポーツ少年団認定員の立場から解説します』や前々回の記事、『少年野球で、体罰や暴力、暴言、えこひいきに悩んだら、チームを変えることも検討してみましょう』でもご紹介した、『素手でフライ捕球強制、指の腱断裂 少年野球監督が体罰』というニュースで、引き続きYahoo!のコメント欄を見ていると、指導者が原因で野球嫌いになったというコメントがあり、とても残念な気持ちになりました。

※追記:Yahoo!のニュースがリンク切れになったので、上記のリンク先を朝日新聞デジタルの記事に変更しました

今回の記事は、これ以上、指導者のせいで野球嫌いになる子どもが増えないことを願い、意見を述べたいと思います。

スポンサーリンク

野球が嫌いになったというコメント

Yahoo!のコメント欄より、いくつか引用します。

俺も昔、中学の時野球部で体罰された。
四球で俺が出塁、味方の内野ゴロの間に2塁へスライディングしなかっただけで監督から蹴りを入れられた。
つーか、ミスを諭さずに暴力を使って指摘する行為はどんな理由があっても許されない。
俺は野球が大嫌いになった。野球は面白いが体罰やら賭博やら、やってることがダーティーすぎる。

辞めて済む話じゃない。

しかも、こういう人間のクズみたいな奴が
「(いい意味で)鬼監督」
「(強いチームにしてくれるから)名監督」
とか言われて。
レギュラー選手からの保護者からは信頼されていたりする。

被害を受けるのは、その練習に耐えられない
子供たちなのです。

辞めようとしても、監督やレギュラー、保護者から
「根性なし」
とレッテルを貼られるんでしょう?

俺も少年野球チームで嫌な思いで辞めた経験あるから分かるんだよ。

怪我をさせた監督。
逃がすんじゃない。
ほとぼり冷めたら、またどこかで監督始めるぞ。

いやいや、監督辞めて済む問題じゃないよな本当に。
被害受けた子供は障害残る可能性も有り、
心にも一生忘れない傷になる立派な傷害事件だ。
子供相手にクズが権力持つと勘違いしやがる。

自分の地区の少年野球チームの監督は
万引きと空き巣でくり返して補導されていた
同級生の問題児の親だった。

そいつの息子の盗人とケンカしたせいで、
自分だけは最後までレギュラーから外された。
人数的に少ないので、4年生からは無条件でレギュラー
にするのが通例の決まりだったのだが、
完全に自分だけが特例で除外。

自分より明らかに下手だった同級生はレギュラーで
まだ少学2年生の片親のヤンキー子供は優遇されて
ピッチャーにしたり、監督の好みでやりたい放題の無茶苦茶。
完全に監督のサジ加減一つの気分次第だった。
それ以来、野球が大嫌いになった。

このようなコメントを見ると本当に心が痛みます。。

コメントを投稿した、被害に遭われた方はさぞかし辛い思いをされたことと察します。

我が家でも、詳細は控えさせていただきますが、少年野球チームを退団し、別なチームに移籍するという経験をしたので、その辛さは、よく分かります。

指導者は何のために、子どもに野球の指導をしているの?

当然、指導する子どもたちには、野球がうまくなってもらいたい、というのが指導者に共通する思いですよね。

ひいてはチームを強くして試合に勝ち、大会で優勝したい、という思いもあるでしょう。

ところが、指導者が原因で、子どもが野球を嫌いになり、野球を辞めるようなことになれば、野球がうまくなってもらいたいという目的は達成できず、チームを強くしたいという目的や、大会で優勝するという目的も遠ざかることになります。

また、団員が辞めるということは団費も減少し、チームの財政にも影響が出ますし、団員の兄弟がいれば、兄弟も辞めることになるでしょう。

辞めた団員の学年では、どうして野球辞めたの? と話が広がり、その野球チームは敬遠され、入団する子も減ります。兄弟がいれば、兄弟の学年にまでその影響がおよび、入団する子はますます減るでしょう。

少年野球チームに対して、相当迷惑をかけることになります。

誰も得にならないどころか、大きなマイナスになることをどうしてやってしまうのか?

指導する側も、指導するということに不慣れであったり、指導経験が乏しい場合は、団員が辞めるまで指導内容に問題があるということに気付けないかもしれません。

もし、団員が辞めるなどの問題が発生した際は、自分の指導方法に問題がないのかを見直し、改善する努力をすべき

指導者は仕事の合間にボランティアでやっていることが多く、大変だと思いますが、野球嫌いになる子どもを一人でも発生させるような指導しかできない指導者は、例え指導者不足でチーム運営が困難になったとしても、その指導者はいない方が全体にとって有益であり、そのような指導者がいること自体マイナスなので、依頼されたとしても指導者を引き受けるべきではないし、依頼すべきでもありません。

依頼して問題が発生した場合は、指導者を辞めさせるようにするのが子どもたちやチームのため

そのような指導者がどうしても指導を続けたいという場合は、問題のある指導者に限ってスポーツ少年団認定員の資格が無いので、スポーツ少年団認定員の理念を理解し、実践しようという心構えができた上で、資格を取得し指導すべきです。

おすすめ記事

1

自宅に、家の中でできるトスバッティング練習場、と言いますか「トスバッティング練習室」を作りましたので公開します! なぜ、自宅にトスバッティング練習場を作ったのか? 我が家には小学5年生と小学3年生の息 ...

2

『少年野球で日本一強いチーム「和気軟式野球クラブ」のバッティング練習内容』でご紹介した、バッティング練習内容の一部を、うちの少年野球をやっている兄弟の自主練習に取り入れましたので、どのように取り入れて ...

3

少年野球をやっている長男が小学4年生の時に誕生日プレゼントとして「久保田スラッガーのグラブ(グローブ) KSG-J4」を購入しましたので、詳細レビューや使用感などをご紹介します。 ▼ 購入したミツトミ ...

4

我が家の小学5年生と3年生の兄弟は少年野球チームに所属していますが(本記事の公開時)、長男が2年生の2013年、8歳になった直後に野球のピッチング練習器具『スローイングマスターなげる~ん(なげるーん) ...

5

元ニューヨークヤンキース主将のデレク・ジーターさん監修で、ジーターさんもおすすめしていたSKLZ(スキルズ)というブランドのバッティング練習用品『ジップヒット プロ(ZIP-N-HIT PRO)』。( ...

-少年野球コラム

Copyright© 少年野球ラボ , 2017 AllRights Reserved.