少年野球ラボ

少年野球をしている子どもの野球スキルを上達させたい保護者のための情報サイト

守備

少年野球でエラー続き…守備の不調から脱出するには?

更新日:

少年野球をやっている小学5年生の長男が最近の試合でエラーが続いていました。。

2週間前の試合から、先日の土日の試合までちょっと不調だったんですよね。。

エラーの内容は守備で、サードからファーストへの送球が悪送球になったり、フィルダースチョイス(適切な送球先に送球しないこと)をしたり……

試合中、サードからセカンドに変えられてしまいましたが、今度はセカンドからファーストへの送球まで、まさかの悪送球もしたりと惨憺たる内容……

こういう時、応援している親としてはとても辛いものがありますよね。。

試合でのエラーを引きずっているのか、試合があった翌日以降のチームでの練習でも、ショートで捕球ミスなどを連発していた模様。。

しかし、おかげさまで、昨日、今日とだいぶ調子を取り戻してきたようなので、守備の不調の原因と思われることから、不調から脱出するためにしたことをご紹介します。

スポンサーリンク

エラーをしたり、不調になる原因は?

最近の長男の守備のエラーや不調をする原因として、ひとつ心当たりがあるのは『朝練を継続できていない時にエラーをしやすい』というのがあります。

朝練が途切れていた日が続いていた

最近、長男が風邪気味で、咳き込んでいたため、朝練を中止していた日が続いていました。

長男が所属する少年野球チームでは平日は火~金曜日まで練習があり、土日も試合や練習があります。

また、チームとは別に月曜日には野球スクールにも通っており、基本的に毎日野球をしている上、さらに朝練もしているという状況。さすがの長男も疲れている様子。

最近は月曜日の野球スクールが20時30分くらいに終わるので、ちょっと夜が遅いことから、次の日の朝練習は休みにしていました。

少しオーバーワークかもしれません。

練習日が月間18日から6日間増えて24日間に

去年、長男が4年生の6月に、以前所属していた少年野球チームを退団して、その後、別のチームに移籍したのですが、以前いたチームでは、平日は2日間練習で、隔週で3日の練習でした。

以前のチームでは、土日を含めて月間で約18日間、野球をしていたところ、現在のチームでは約24日間野球をしており、6日間多くなりました。

長男が朝練を始めたのは3年生の5月からでしたが、当時は月に18日間の野球だったものが、6日間多くなったことで、3年生の時よりも体力が上がっているとは言え、それ以上に疲労回復が難しい環境のようで、体調を崩すことも……。朝練が途切れることも出てきていたのでした。

練習の継続性と練習量はある程度やっている方だとは思うのだが……

とは言え、朝練をしていない日でも、チームか野球スクールでは野球をしているので、毎日練習をしていることにはなっているものの、長男の場合は朝練をしていないと、調子を落とすことがあるというのが、これまでの経験で見られる現象でした。

この記事でも少し触れていますが、長男はもともと野球センスがある方では無いと思っていたので、やはり、長男の担任の先生が学級通信で書かれていた「わかる」「できる」「いつでもできる」の「いつでもできる」のために長男には特に基本練習を繰り返す必要があり、私との朝練で集中した中での個人練習が、長男にとっては「いつでもできる」ために必要なことなのかもしれないと考えています。

チームや野球スクールでも基本的な練習はありますが、今まで朝練を続けていたのに、途切れると身体のリズムが狂う、というのもあるかもしれませんね。
(長男にとっては朝練がある種のルーティーンの役割を果たしているのかもしれません)

誰にでも言えることとしては、野球でも他のスポーツでも、エラーやミスを連発するような時は、継続した練習が出来ていない時と言えそうです。

ミス続きやエラーから脱出する方法

先にほとんど書いてしまいましたが、とにかく練習を継続することが、不調から脱出する方法なのではないかと考えています。

この考えをもとに、長男の体調面を最優先しながら、できる限り練習しました。

そうすることで、少しずつ調子も上がっていき、今はほとんど不調とは思えないようなプレーになってきています

ただ、練習のしすぎでケガをするリスクがあるので、この点は要注意。

昨年、長男はシーバー病になり、1~2ヶ月ほど、かかとの痛みで満足に練習できない日が続きました。

シーバー病になってから1年以上経ちますが、長男が寝る前には必ず、ストレッチとマッサージをほぼ毎日行っています

試合でエラーやミスを連発しないよう、「いつでもできる」状態にするためには、ケガをしないような配慮やケアをしつつ、体調管理に気をつけながら、短い時間でもいいので、練習を継続することが大切です。

おすすめ記事

1

自宅に、家の中でできるトスバッティング練習場、と言いますか「トスバッティング練習室」を作りましたので公開します! なぜ、自宅にトスバッティング練習場を作ったのか? 我が家には小学5年生と小学3年生の息 ...

2

『少年野球で日本一強いチーム「和気軟式野球クラブ」のバッティング練習内容』でご紹介した、バッティング練習内容の一部を、うちの少年野球をやっている兄弟の自主練習に取り入れましたので、どのように取り入れて ...

3

少年野球をやっている長男が小学4年生の時に誕生日プレゼントとして「久保田スラッガーのグラブ(グローブ) KSG-J4」を購入しましたので、詳細レビューや使用感などをご紹介します。 ▼ 購入したミツトミ ...

4

我が家の小学5年生と3年生の兄弟は少年野球チームに所属していますが(本記事の公開時)、長男が2年生の2013年、8歳になった直後に野球のピッチング練習器具『スローイングマスターなげる~ん(なげるーん) ...

5

元ニューヨークヤンキース主将のデレク・ジーターさん監修で、ジーターさんもおすすめしていたSKLZ(スキルズ)というブランドのバッティング練習用品『ジップヒット プロ(ZIP-N-HIT PRO)』。( ...

-守備

Copyright© 少年野球ラボ , 2017 AllRights Reserved.