少年野球ラボ

少年野球をしている子どもの野球スキルを上達させたい保護者のための情報サイト

少年野球コラム

(1)少年野球の朝練で、練習メニューのおすすめは?【基本方針編】

更新日:

以前の記事『少年野球で上達するのに朝練習が最適だと思う3つの理由』で、おすすめの朝練メニューについてコメントをいただきました

朝練に対する私の考えや、息子たちと試行錯誤しながら、実際に朝練を2年以上してきた私からおすすめの練習メニューについてご紹介したいと思いますが、朝練に対する「基本方針」と実際の「練習メニュー」について、2回に分けてご紹介します。

本記事では朝練に対する「基本方針」についてのご紹介となります。

スポンサーリンク

いただいたコメントをご紹介

BB親父さんよりいただいたコメントを、こちらでもご紹介します。

朝練ご苦労様です。
自分も推奨派です。今朝も頑張って参りました^^
ただ、朝のメニューにつきましては、身体の故障等を考慮すると内容は吟味した方がいいのかな?!
と思うところもあり、内容の模索をしているところです。
その辺でお勧め等ございましたらお願いいたします。
ちなみにうちは、ノック・サンドボール・シャトル・カラーボール時間あればロングティーをしております。

今朝も朝練をされていたとのことで、お疲れ様です!
BB親父さんも朝練を推奨されているとのことで、同士ですね^^

ケガをしては元も子も無いので、練習メニューや頻度、練習量に悩みますよね~

ちなみに、私も今朝、小学5年生の長男と朝練してましたよ!

ただ、現在若干ですが、長男が膝に痛みを感じるというので、なるべく膝を使わない練習メニューにしています。

まさにケガや故障の前兆かもしれませんので、練習メニューや練習量には細心の注意を払っています。ちょうどタイムリーな話題です^^;

朝練の基本方針は「ケガ無く、体調を崩さない」のが大前提

朝練を始めたきっかけ

朝練を始めたきっかけはこちらの記事でも少し触れていますが、1年先に少年野球チームに入って練習していた長男よりも、後から入ってきた友達の方が野球が上手いという出来事があり、悔しがった長男が「野球が上手くなりたい」ということから朝練を始めました。

そういう悔しさから出発した朝練だったので、とにかくガムシャラな気持ちで練習していました。

朝練の他、土日の試合前や試合後も時間を見つけては、ホームグラウンドや近所の公園で練習をしていたのです。

長男がシーバー病になってしまった……

朝練は今も忘れない、長男が3年生の5月14日から開始しましたが、1年が経とうとする4年生の4月ごろからに長男のかかとが痛くなるという事態が発生! その後、長男はシーバー病になってしまいました。。

シーバー病の原因は完全にオーバーユースとのことで、要は使いすぎ=練習のしすぎでした。

背が伸びやすい時期にかかとを酷使するとシーバー病になりやすいとのこと。

ちなみに、ふくらはぎが痛むとかかとのシーバー病の予兆の可能性があり、太ももが痛み出すと膝のオスグットの予兆の可能性があるので、お子さんがふくらはぎや太ももの痛みを訴えるようになったら本当にご注意ください

私も朝練を始めた頃は、シーバー病やオスグットの知識が全く無かったので、長男がふくらはぎが痛いと訴えるようになってきた際、ただの筋肉痛だと思っていました。ですので、軽くマッサージをするなどして対処はしましたが、あまり深く問題視はしていませんでした。

しかし、長男のふくらはぎの痛みの訴え方がだんだん強くなってきて、最後には公園での練習中に泣いて立つのも困難になるほど。。

私の無知のせいで、長男には痛い思いをさせてしまいました><

もっと早くシーバー病と認知できていれば対応もできたのですが、ここまでになってしまうと、普段レベルにまで回復するのに時間がかかってしまいます。

幸いに、ネットでかなりの情報収集と対応を吟味した結果、シーバー病の対応が上手な整体の先生に出会えたことと、アイシングテーピング、ソールの購入、毎日のマッサージなど入念なケアを毎日実施したので、1ヶ月半くらいで普通に試合ができるようにまで回復させることができました。

まとめ

この事件があって以来、朝練や自主練習は、ケガや故障無く、体調を崩さないということが、私の中での基本方針であり、大前提です。

あくまでも、チームでの練習や試合に出ることが最優先で、朝練や自主練習でケガをしたり、体調を崩してチームでの練習を休むとか、試合に出ることができない、というのは何としてでも避けたいところ。

一度ケガや故障をしてしまうと、病院に行ったり、ケアをするのにお金や時間が結構かかってしまいます。

子どもの体調や様子を注意深く観察して、疲れが溜まっているようなら適宜休んだり、練習量を減らすことも大切だと考えています。

この点をどうしてもお伝えしたく長文になってしまいましたので、実際の練習メニューについてなどは、別途記事にさせてください。続きをお楽しみに!

おすすめ記事

1

自宅に、家の中でできるトスバッティング練習場、と言いますか「トスバッティング練習室」を作りましたので公開します! なぜ、自宅にトスバッティング練習場を作ったのか? 我が家には小学5年生と小学3年生の息 ...

2

『少年野球で日本一強いチーム「和気軟式野球クラブ」のバッティング練習内容』でご紹介した、バッティング練習内容の一部を、うちの少年野球をやっている兄弟の自主練習に取り入れましたので、どのように取り入れて ...

3

少年野球をやっている長男が小学4年生の時に誕生日プレゼントとして「久保田スラッガーのグラブ(グローブ) KSG-J4」を購入しましたので、詳細レビューや使用感などをご紹介します。 ▼ 購入したミツトミ ...

4

我が家の小学5年生と3年生の兄弟は少年野球チームに所属していますが(本記事の公開時)、長男が2年生の2013年、8歳になった直後に野球のピッチング練習器具『スローイングマスターなげる~ん(なげるーん) ...

5

元ニューヨークヤンキース主将のデレク・ジーターさん監修で、ジーターさんもおすすめしていたSKLZ(スキルズ)というブランドのバッティング練習用品『ジップヒット プロ(ZIP-N-HIT PRO)』。( ...

-少年野球コラム
-

Copyright© 少年野球ラボ , 2017 AllRights Reserved.