少年野球ラボ

少年野球をしている子どもの野球スキルを上達させたい保護者のための情報サイト

スポーツ少年団認定員

スポーツ指導者とは?

更新日:

本記事は、スポーツ少年団認定員の資格取得を目指すことになった私、るーじゅが学んだことを綴っています。

シリーズ企画として綴っていきますが、関連記事はスポーツ少年団認定員の資格取得を目指すことになりました! スポーツ少年団認定員の資格取得に関する記事一覧にまとめてありますので、適宜ご参照ください。

スポンサーリンク

【1】:スポーツ指導者とは?

プレーヤー自身が“なりたい”と思う自分に近づくために、その活動をサポートする存在であるとともに、スポーツの意義と価値を社会に発信し、望ましい社会の実現に貢献するという役割を担う存在。

【2】:スポーツの意義と価値

【2】-1:「スポーツの意義と価値とは何か?」を考える

スポーツが未来においても人類にとって必要な文化であり続けるために大切なこととは何かを常に考え続けることが、指導者としての成長につながりスポーツの指導哲学になる。

【2】-2:スポーツは守り続けていかなければならない「人類共通の文化」

スポーツは、人間が運動を自らの楽しみとして求めることによって生まれ、育まれてきた人類共通の文化。

スポーツと深くかかわる指導者は、自らがプレーヤーやスポーツそのものの未来に責任を負っているということを常に認識することが重要。

【2】-3:スポーツの社会的影響力

オリンピック競技大会をはじめとするさまざまな国際競技会において、人類が一つであることを認識させたり、医療費の削減や人々の健康の維持増進のために運動・スポーツの実施を奨励することが政策となったり、国際的な協議会やプロスポーツなどでのトップアスリートの活躍が人々に大きな夢や感動を与えている。

【2】-4:スポーツの力を望ましい社会の構築に

スポーツに携わる者には、スポーツの力が、スポーツに対する社会からの信頼や期待によって支えられていることを自覚し、これを社会的価値の実現にむけて主体的にコントロールし、健全に活用することを、これまで以上に大きな責務として受け止めることが求められている。

スポーツ=社会であり、そして社会=スポーツなのです。
スポーツが生み出すものは、社会に還元しなければなりません。
ジャック・ロゲ(元IOC会長)
日本体育協会・日本オリンピック委員会創立100周年記念式典特別講演より

 

スポーツ指導者が社会に求められる背景と役割については以上となります。

関連する記事はスポーツ少年団認定員の資格取得に関する記事一覧にまとめてありますので、ご参照ください。

おすすめ記事

1

自宅に、家の中でできるトスバッティング練習場、と言いますか「トスバッティング練習室」を作りましたので公開します! なぜ、自宅にトスバッティング練習場を作ったのか? 我が家には小学5年生と小学3年生の息 ...

2

『少年野球で日本一強いチーム「和気軟式野球クラブ」のバッティング練習内容』でご紹介した、バッティング練習内容の一部を、うちの少年野球をやっている兄弟の自主練習に取り入れましたので、どのように取り入れて ...

3

少年野球をやっている長男が小学4年生の時に誕生日プレゼントとして「久保田スラッガーのグラブ(グローブ) KSG-J4」を購入しましたので、詳細レビューや使用感などをご紹介します。 ▼ 購入したミツトミ ...

4

我が家の小学5年生と3年生の兄弟は少年野球チームに所属していますが(本記事の公開時)、長男が2年生の2013年、8歳になった直後に野球のピッチング練習器具『スローイングマスターなげる~ん(なげるーん) ...

5

元ニューヨークヤンキース主将のデレク・ジーターさん監修で、ジーターさんもおすすめしていたSKLZ(スキルズ)というブランドのバッティング練習用品『ジップヒット プロ(ZIP-N-HIT PRO)』。( ...

-スポーツ少年団認定員

Copyright© 少年野球ラボ , 2017 AllRights Reserved.