少年野球ラボ

少年野球をしている子どもの野球スキルを上達させたい保護者のための情報サイト

少年野球コラム

少年野球で上達するのに朝練が最適だと思う3つの理由

更新日:

少年野球でのスキルアップのために「朝練(朝練習)」をしていますが、上達にもってこいだと思う3つの理由をご紹介します。

スポンサーリンク

朝練の状況と結果

我が家の長男が小学3年生の5月中旬より朝練(朝練習)を始めました。

(この記事を公開した際は4年生でしたが)朝練を始めてからもう少しで1年半くらいになります。

長男は少年野球チームに所属していますが、チームでは小学校の授業が終わった後に練習があり、朝の練習はありません。

朝練は私(父親)と長男のマンツーマンで行っています。

毎朝5時半に起床し、近所の公園で練習をしていますが、大体40~45分くらいの練習時間です。

すると、もともとが大して上手くなかったので、というか、上手くないから朝練を始めた訳ですが、1週間程度でキャッチボールの球が速くなり、3週間後くらいに更に速くなり、ノックの捕球もみるみる良くなっていきました

チームの諸事情もあったのですが、センターから始まり、セカンドからショートへとポジションを任されるようになり、3年生時はほとんどショートを任されるようになりました

間違いなく朝練の効果としか言いようがありません

朝練は間違いなく効果があると実感しましたが、少年野球において、朝練が上達に適していると思う3つの理由は以下の通りです。

1.集中できる

朝の一番体力があり、頭もリフレッシュされた身体的な環境、まわりに邪魔されない空間的環境は、これ以上無いくらいに集中できます。

また、マンツーというのも大事な要素です。

我が家にも次男がおり、私と兄弟の3人で練習することもありますが、どうしてもふざけたり、気が散ることがあったりして、集中力に欠けた練習になりがち。。

日中では、他のチームの子がやってきて、一緒に練習することもありますが、やはり、わずかながらでも、ふざけたりするような気が散る要素が出てきます。

他の子を強く指導もしづらいですしね。。

早朝だと、ほとんど誰もいないし、来ませんので静かな空間で、黙々と練習が可能です。

2.個別の課題を克服できる

チームでの練習は、チームならではの連係プレーの練習などがありますが、子どもそれぞれの課題はバラバラだったりします。

子どもによってはバッティングかもしれませんし、守備かもしれません。はたまた送球のコントロール、そもそもルールが分かってないとか……いろいろですよね。

チーム練習で個別の課題を克服するには、さすがに無理があるので、自主的な練習で克服するしかありません

そのような場合、大人がついた集中できる環境の朝練習で課題解決に取り組めば、めきめきと上達していくことが可能なのです。

3.継続的な反復練習が、身に付きやすくなると思われる

これは本当に「継続は力なり」ということわざ・格言にあるように、息子との朝練でまざまざと見せ付けられました。

どうも、日にちの間隔を空けて1~2時間と練習するよりも、30~40分でも毎日練習して反復した方が身に付きやすいようでした。

朝練を始める前も、土日など時間のある時に、息子たちと練習していましたが上達のスピードが全然違うんですよね。

また、逆に、雨が続いたり、子どもが病気になったりして朝練が4日間できなかったことがありましたが、フォームが崩れたりして、技術が落ちていたことがありました。

一度できたことでも、しばらく練習をしないだけでパフォーマンスが落ちるということが分かり、常に継続していないとダメなんだと思い知らされた次第です。

朝練を始めたきっかけは、チームの他の子と比べると明らかに技術的に劣っていたことで、子ども本人も悔しいということから始めたのですが、最初は朝練をしたからといって、どれくらい上達するのか未知でした。

しかし、やってみるしか道がありませんでしたので、とにかくやってみたところ、劇的な効果があったので本当にオススメです!

我が家では今も継続しています。お父さんは結構大変ですが^^;子どもの上達のために、ぜひ朝練を取り入れてみてください!

おすすめ記事

1

自宅に、家の中でできるトスバッティング練習場、と言いますか「トスバッティング練習室」を作りましたので公開します! なぜ、自宅にトスバッティング練習場を作ったのか? 我が家には小学5年生と小学3年生の息 ...

2

『少年野球で日本一強いチーム「和気軟式野球クラブ」のバッティング練習内容』でご紹介した、バッティング練習内容の一部を、うちの少年野球をやっている兄弟の自主練習に取り入れましたので、どのように取り入れて ...

3

少年野球をやっている長男が小学4年生の時に誕生日プレゼントとして「久保田スラッガーのグラブ(グローブ) KSG-J4」を購入しましたので、詳細レビューや使用感などをご紹介します。 ▼ 購入したミツトミ ...

4

我が家の小学5年生と3年生の兄弟は少年野球チームに所属していますが(本記事の公開時)、長男が2年生の2013年、8歳になった直後に野球のピッチング練習器具『スローイングマスターなげる~ん(なげるーん) ...

5

元ニューヨークヤンキース主将のデレク・ジーターさん監修で、ジーターさんもおすすめしていたSKLZ(スキルズ)というブランドのバッティング練習用品『ジップヒット プロ(ZIP-N-HIT PRO)』。( ...

-少年野球コラム
-

Copyright© 少年野球ラボ , 2017 AllRights Reserved.