少年野球ラボ

少年野球をしている子どもの野球スキルを上達させたい保護者のための情報サイト

少年野球コラム

少年野球の主審をやったら泣きそうになった

更新日:

先日の日曜日に息子たちが所属している少年野球チームで練習試合があり、主審を務めたのですが泣きそうになりました。。

自分の気持ちを整理するためにも、文章に残しておきたいと思います。

Photo By: Daniel X. O'Neil

スポンサーリンク

練習試合で主審を務めることに

(本記事の公開時は)長男が小学5年生、次男が3年生なのですが、長男が2年生になった時から少年野球チームに所属、次男は1年生からチームに入っています。

私はこれまで、長男が3年生の時に練習試合で2~3試合、長男が4年生の時に、チームの紅白戦で2試合ほど主審をしたことがあります。

先日は今年初の主審で、6年生が主体のレギュラーチームでは初めての経験でした。

私自身は小学生までしか野球をやっておらず、それほど野球に詳しくはないのですが、チームのお役に立てればという思いで、少しでも頼まれたことは、できる限り協力したいと考えており、主審もその中のひとつです。(スポーツ少年団の認定指導員の資格取得も監督に頼まれて取得しました)

最終回で息子が所属するチームが四球が続き、サヨナラ押出し負け……

息子たちが所属するチーム(以下、味方チームと呼ぶ)は先攻で、同点のまま最終回の裏、敵チームの攻撃となりました。

最終回から味方チームのピッチャーが交代となり、私はフォアボールをジャッジしなければならいことが続きました。

実はこの時、すごい気がかりでなりませんでした。

というのは、この日の球場のホームベースが「ズレ」ており、通常の状態では無かったからです。

ホームベースが、左打者が立つバッターボックス(主審から見て、右のバッターボックス)に寄っており、その寄り方が少しどころではなく、バッターボックスのラインに付くくらいの寄り方でした。

しかし、埋まっているタイプのホームベースで位置を直せないため、とにかくズレたホームベースの位置をストライクゾーンにしてジャッジをしていました。

その最終回まで、その基準でジャッジをしていたのですが、味方チームも敵チームもバッテリーが意識して対応していたのか、特に問題は無いと感じながら試合が行われていたのでした。

ところが、最終回の裏に変わった見方チームのピッチャーが、本来はストライクゾーンであるズレたホームベースのところに入ることが多く、「ボール」とジャッジせざるをえません。

「最終回だけ基準を変えるわけにもいかないし……」などと思いながら、複雑な心境の中、ジャッジを続けていたのです。

やはり、味方チームには勝ってもらいたいという気持ちは常にあるので、本当に心苦しい状況……

味方チームの監督やコーチ、保護者の皆さんも「何でストライクなのにボールになっているのか」と疑問に思われているだろうな……という思いも頭の中を駆け巡っていました。

結局、投げているうちに明らかなボールも出てきてしまうので、フォアボールが続き、押出しサヨナラ負けで、ゲーム終了……

なんとも辛い終わり方となってしまいました。。

今思えば、試合が始まる前に、両チームの監督にホームベースがズレていることを確認して、ゲームを始めればよかったのですが、それも後の祭り……

味方チームの監督やコーチ、保護者、選手の誰からも、ジャッジについて文句を言われたとかはありませんが、正直、気まずさが残って仕方がないのでした。

その日にスーパーで味方チームのピッチャーに会う

そのことで頭がいっぱいの中、試合後、妻とスーパーに行ったところ、最終回で投げたピッチャーがおつかいで一人で来たとのことで、私と妻に挨拶に来ました。

普通に笑顔で。

試合のことを話したいと思いましたが、お互い試合については話すことなく、笑顔で挨拶。。

息子たちとも挨拶して、別れました。

私はそのピッチャーが私に対して、もしかしたら、心よく思ってないんじゃないか、という思いも少なからずあったので、笑顔で挨拶をしてくれた時、言葉に詰まりました。

救われた思いもあったり、正直、泣きそうになりました。。

学んだことと思い

私自身が子どもたちのことを信じたり、信頼しきれていなかったんじゃないか、とか、ほとんど無いとは思いますが、異常なホームベースや球場の状態が分かった時点で両チームに確認しておくべきだった、とか、いろいろ学びがあったのですが、それと同時に、子どもたちの努力を大人が壊すようなことがあってはならない、と強く思ったのでした。

野球の審判であれば、毎日努力している子どもたちが、敵味方関係なく、全員が公平なジャッジの中で、努力の結果を競い合える環境を審判が整えてあげなければならない、ということです。

ですが、昨日の私の主審は、経験不足と実力不足でベストではなかったと思う。。

経験があったり、実力があったり、機転が利けば、子どもたちも監督、コーチ、保護者のみんなが納得できる審判の行動ができたと思うんですよね。

あと、特に、昨日、笑顔で挨拶してくれたピッチャーに。私自身、審判に限らずもっと精進して、この借りは必ず返すよ。

最後は決意表明で終わります。

おすすめ記事

1

自宅に、家の中でできるトスバッティング練習場、と言いますか「トスバッティング練習室」を作りましたので公開します! なぜ、自宅にトスバッティング練習場を作ったのか? 我が家には小学5年生と小学3年生の息 ...

2

『少年野球で日本一強いチーム「和気軟式野球クラブ」のバッティング練習内容』でご紹介した、バッティング練習内容の一部を、うちの少年野球をやっている兄弟の自主練習に取り入れましたので、どのように取り入れて ...

3

少年野球をやっている長男が小学4年生の時に誕生日プレゼントとして「久保田スラッガーのグラブ(グローブ) KSG-J4」を購入しましたので、詳細レビューや使用感などをご紹介します。 ▼ 購入したミツトミ ...

4

我が家の小学5年生と3年生の兄弟は少年野球チームに所属していますが(本記事の公開時)、長男が2年生の2013年、8歳になった直後に野球のピッチング練習器具『スローイングマスターなげる~ん(なげるーん) ...

5

元ニューヨークヤンキース主将のデレク・ジーターさん監修で、ジーターさんもおすすめしていたSKLZ(スキルズ)というブランドのバッティング練習用品『ジップヒット プロ(ZIP-N-HIT PRO)』。( ...

-少年野球コラム

Copyright© 少年野球ラボ , 2017 AllRights Reserved.