少年野球ラボ

少年野球をしている子どもの野球スキルを上達させたい保護者のための情報サイト

少年野球コラム

失敗しない少年野球チームの選び方

更新日:

4月に入り、小学校の入学、進学を期に少年野球チームに入団されている子も多いと思います。うちの息子たちが所属する少年野球チームでも小学4年生と5年生の子が入団しました^^

以前の記事『少年野球チームを辞めて別チームに移籍したら最高に幸せになった』でご紹介している通り、うちは最初に入団した少年野球チームを退団し、別のチームを探して、現在は移籍しています。

この経験から、100%とは言えませんが、かなり精度の高い「失敗しない少年野球チームの選び方」が分かりました。

これは野球以外のサッカーやバレーボール、バスケットボールなどのスポーツ少年団でも応用が効くと思います

これから少年野球チームに入団しようかと考えているお子さんやお父さん、お母さんが、少しでもうちと同じような目に遭わないで、楽しく少年野球ができることを願い、この「失敗しない少年野球チームの選び方」をお伝えします。

Photo By: ajari

スポンサーリンク

少年野球チーム選びの失敗とは?

そもそもですが、少年野球チーム選びに失敗するとどうなるかを解説します。

一番の失敗は子どもが野球を嫌いになることです。

特に小学生の場合は、野球の技術向上ももちろん大切ですが、それ以前に野球が楽しくない、嫌いになる、というのは最悪で、今後の長い人生で野球で大成できたかもしれない可能性を潰されてしまいます。

うちも潰されかけましたが、何とか環境を変えることで脱出できました。

この辛さや苦労を痛いほど経験しているので、この記事をご覧いただいている方には、ぜひ楽しく野球ができるチームに入団してほしいと思います。

「失敗しない少年野球チームの選び方」の概要

それでは、まず概要からお伝えしますと、ポイントは4つあります。

  1. 小学校でやっているチームだけがチームではないという意識を持つ
  2. 体験練習に参加する
  3. 試合を見学する
  4. 直近2年間で退団した子がいないか調査する

次より、各々のポイントについて解説します。

【1】小学校でやっているチームだけがチームではないという意識を持つ

少年野球やサッカー、バレーボール、バスケットボールなどのスポーツ少年団は、大体が小学校のグラウンドや体育館を借りて活動しています。

少年野球の場合は、小学校で1チームの少年野球チームが活動していることが多いです。

そして、小学校に入学して野球をするとなったら、ほとんどがそのチームに入団します。なぜなら、それ以外の選択肢が分からないからです。

よくよく調べてみると近隣に少年野球ができるチームが複数存在していることがあり、チームによっては所属する小学校の制限が無い場合がありますので、実はチーム選びの選択肢が複数あるかもしれません。

ですので、小学校でやっているチームだけがチームではないんだ、という意識を持って、他に所属が可能なチームが無いかを調べましょう。

他にチームが無いかを調べる方法

他のチームを調べる方法ですが、次のようなルートが多いです。

  • ママ友
  • インターネット
  • スーパーの掲示板
  • バッティングセンターの掲示板
  • スポーツショップの掲示板

近所のお店とかでも少年野球チームの張り紙や案内ポスターがあったりしますので、探してみてください。

【2】体験練習に参加する

大体どのチームでも、入団前に体験練習をさせてもらえますので、事前に問い合わせの上、体験練習に参加させてもらいましょう。

ここで、チームの雰囲気、監督やコーチ、所属している子どもたちの言動やお子さんとの相性を確認します。

ただ、体験の子がいる時だけ、チームの雰囲気がいい場合もあるので注意が必要です。

しかし、それでも体験練習は、最低限、チームのことを知るための基本事項なので、必ず体験練習には参加して、家に帰ったら、このチームでやっていけそうか、子どもと話しましょう。

【3】試合を見学する

チームの雰囲気は試合の時に本性が現れやすいです。

みんな真剣で、勝ちたい気持ちが強いので、試合中、監督、コーチから厳しいゲキも飛びます。

チームによっては試合の見学はしないように言われることもあります

理由は、試合を見学すると、厳しさが際立って入団してくれなくなるかもしれない、と考えるからです。

また、試合は基本土日なので、平日の練習と違い、子どもたちのお父さんやお母さんが応援やお手伝いに参加していることが多くなるので、今後お付き合いできそうな感じかを確認することもできます

【4】直近2年間で退団した子がいないか調査する

転校以外で退団している子がいるチームは何かトラブルを抱えている可能性が高いです。

これまでの経験から直近2年間で、転校以外で退団した子がいる場合は要注意です。

少年野球や他のスポーツ少年団でもそうですが、チームを退団するというのはよっぽどのことです。

転校以外では、そうそう簡単には退団しません。退団した子が複数いる場合は相当危険です。うちの子たちが最初に所属したチームは、うちの兄弟2人を含めて、2年間で7人の子が退団しています。

調査方法はちょっと難しいのですが、主にはママ友経由だと情報を入手しやすいです。退団した子に兄弟がいれば、自分の子どもとその子の兄弟が同じ学年だったり、近い学年だったら話す機会を作れるかもしれません。

もしくは同じ学年で、まだチームに所属している子のお母さんと話してみるのもアリです。退団している子がいるチームは、退団していない子たちや親も本当は辞めたいと思っている可能性があります。そのような場合は、ある程度本音で話してくれるかもしれません。

まとめ

これらの4つのポイント通りに調査できれば、かなりの確率で少年野球チーム選びには失敗しないと思います。

うちの場合は、【1】の意識はもともとなく、何の疑問を持たずに小学校で活動していた少年野球チームに入団し、退団後、【4】の調査はできませんでした。

【4】はできませんでした、というよりはしておらず、チーム移籍後に思いついたポイントです。

これから少年野球チームに入団を検討しているお子さんやお父さん、お母さんが楽しく野球ができることを、心より祈っています。

おすすめ記事

1

自宅に、家の中でできるトスバッティング練習場、と言いますか「トスバッティング練習室」を作りましたので公開します! なぜ、自宅にトスバッティング練習場を作ったのか? 我が家には小学5年生と小学3年生の息 ...

2

『少年野球で日本一強いチーム「和気軟式野球クラブ」のバッティング練習内容』でご紹介した、バッティング練習内容の一部を、うちの少年野球をやっている兄弟の自主練習に取り入れましたので、どのように取り入れて ...

3

少年野球をやっている長男が小学4年生の時に誕生日プレゼントとして「久保田スラッガーのグラブ(グローブ) KSG-J4」を購入しましたので、詳細レビューや使用感などをご紹介します。 ▼ 購入したミツトミ ...

4

我が家の小学5年生と3年生の兄弟は少年野球チームに所属していますが(本記事の公開時)、長男が2年生の2013年、8歳になった直後に野球のピッチング練習器具『スローイングマスターなげる~ん(なげるーん) ...

5

元ニューヨークヤンキース主将のデレク・ジーターさん監修で、ジーターさんもおすすめしていたSKLZ(スキルズ)というブランドのバッティング練習用品『ジップヒット プロ(ZIP-N-HIT PRO)』。( ...

-少年野球コラム

Copyright© 少年野球ラボ , 2017 AllRights Reserved.