少年野球ラボ

少年野球をしている子どもの野球スキルを上達させたい保護者のための情報サイト

少年野球コラム

ポルテと少年野球チームはどちらがいい?

更新日:

2016年4月14日に放送されたテレビ東京のカンブリア宮殿では、子ども向けスポーツ教室日本一というリーフラス株式会社が紹介されていました。

リーフラスでは、野球やサッカー、バスケットボール、空手など、全国で2,500の教室を展開しているとのこと。

野球は「ポルテ」という名前で活動しています。

ポルテは全国各地の地域ごとにたくさんあるので、子どもに野球をやらせたいという時に、ポルテと少年野球チームはどちらがいいか? という局面が出てくることもしばしば。

今、うちの兄弟が所属している少年野球チームにポルテ経験のある子もいますし、妻の友人の子どもは今もポルテで頑張っていますので、ポルテについていろいろ聞いたこともあります。

今回の記事では、ポルテと少年野球チームのどちらを選んだ方がいいのかについて解説します。

スポンサーリンク

特徴

ポルテと少年野球チームの特徴を分かりやすく言うと、以下のようになります。

  • ポルテ営利企業が主催している野球教室のようなもの
  • 少年野球チーム:地域の大人や保護者(お父さん、お母さん)など有志によるボランティアで成り立っている少年野球チーム

ポルテは「チーム」というより、いわば「野球教室」のような「習い事」のイメージが強いですね。

目的の違い

また、野球をする目的もちょっと違います。

  • ポルテ:純粋にスポーツを楽しみ、スポーツを通して人間としての成長を優先
  • 少年野球チーム:スポーツを通して人間の成長を考えながらも、どちらかというと競争や勝負を優先

本来は少年野球チームもポルテのような目的の上に、競争や勝負の要素が加わることを理想としているものだと思いますが、実態としてはどうしても競争や勝負を優先しがちな傾向にあるチームがほとんどでしょう。

ポルテの運営元であるリーフラスが掲げているテーマとは?

ポルテを運営するリーフラスは「勝ち負け主義」から「誰でも楽しめる」スポーツへの転換というテーマを掲げており、ポルテにも以下のような特徴が反映されています。

  • ミスをしてもコーチに怒られない
  • 試合には全員が順番に出場
  • 勝ち負 けや技術の向上よりも、純粋にスポーツを楽しむことを重んじる
  • 会員の子どもたち全員の性格と技量を把握し、その子に合わせた個別指導を行う
  • 上手い子も下手な子も全員が楽しむ ことができる

リーフラスの伊藤清隆社長は中学時代、野球部に所属していたものの、顧問や先輩から体罰を受けた苦い過去があったため、誰もが楽しめるスポーツ教室を作ることを決意したとのこと。

そのため、「勝負」や「競争」、「厳しさ」よりも「楽しさ」を重視された教室運営をテーマにしているのですね。

ポルテに入る動機のひとつ「当番が無い」

実はポルテに入る動機として、ポルテには「当番が無い」という点があります。

少年野球チームでは「当番」や「お手伝い」が結構ありますので、お父さん、お母さんが忙しいなどの理由で対応できないと、入れたくても入れることができないというケースをちょこちょこ見かけますね。

少年野球チームでも当番やお手伝いがほとんどないチームもありますが、半数以上が当番やお手伝いがあると思います。

このようなことから、子どもが野球をやりたい、親が野球をやらせたい、けれども、親の当番対応やお手伝いができない場合は少年野球チームは選択肢から消え、ポルテだけが残り、そのままポルテに入る、というケースもあります。

月謝の比較

ポルテの月謝と少年野球チームの月額の団費を比較してみましょう。

  • ポルテ:月謝が6,000円くらい
  • 少年野球チームの団費2,000~3,000円/月

金額だけを比較すると、ポルテは少年野球チームの約2倍の費用が必要です。

また、ポルテの活動日は基本的に週に1回のみ

少年野球チームですと土日は試合、平日も2日以上練習するチームが多いので、月16回で3,000円の少年野球チームと、月4回で6,000円のポルテということを考えると、単純な比較はできないのですが、ポルテの方が少年野球チームより、割高感はあります

ポルテと少年野球チームのどちらを選択するかのポイント

これまで、ポルテと少年野球チームの特徴や目的の違い、月謝の比較をご紹介しましたが、結局、子どもに野球をさせるなら、どちらがいいのか、選択するポイントについて解説します。

自動的にポルテしか選択肢が無いケース

通うことができる少年野球チームに当番やお手伝いがあり、共働きなどの理由で当番やお手伝いが難しい場合はポルテを選ぶことになります。

また、通うことができる少年野球チームの監督やコーチが、体罰が激しいなどの悪い評判がある場合も、ポルテにするしかありません。

ポルテの方がいいケース

小学生のうちはとにかく、確実に野球を楽しんでもらいたい、週一回の活動なので、勉強や他の習い事との時間のバランスを保ちたい、という場合はポルテが適しています。

ただ、注意点としては、練習時間や試合数が少年野球チームよりも少ないので、少年野球チームよりも野球経験は少なくなります

また、野球を楽しむことができますが、中学校以降にも野球を続けたい場合に、中学校の部活の野球部や硬式チームで、ポルテのような優しい指導はほぼ皆無と思われるため、中学校以降の野球で挫折しやすくなる可能性がありますので要注意です。

中学生くらいになれば、どんな環境でも適応できる子も多いとは思いますけどね。

少年野球チームの方がいいケース

当番やお手伝いの問題がクリアされており、とにかく野球経験を積ませたい場合は少年野球チームを選びましょう。

また、少年野球チームによっては、監督やコーチなどの指導者による体罰や言葉の暴力で潰されるリスクがあるものの、ある程度の厳しさ(指導の厳しさ、チーム内でのポジション争いの厳しさ、敵チームとの戦いの厳しさ)は、子どもの成長にとってプラスになる、という風に考えることができる場合も少年野球チームが適しています。

うちの場合は、少年野球チームを退団して移籍したという経験もあり、いろいろと辛いこともありましたが、辛くて大変な分、努力や工夫をして成長することができ、成し遂げた際の喜びや達成感はとても大きかったです。

このような厳しい困難自体がポルテでは無いと思うので、大きな成長の醍醐味はポルテでは味わえないだろうなと思います。

まとめ

とにかく楽しさを重視する場合、当番やお手伝いの問題でポルテにせざるを得ない場合、時間のバランスを保ちたい場合はポルテ。

当番やお手伝いの問題が無く、野球経験を積ませたい場合、ポルテより困難があったとしても、より大きな成長を志向する場合は少年野球チームを選ぶといいでしょう。

あと、中学以降の野球を考えると、ある程度の厳しさは避けられないと思いますし、レギュラー争いもきっとありますので、中学以降も野球をやらせたいと考えるなら、ポルテよりも少年野球チームの方がいいかもしれません

おすすめ記事

1

自宅に、家の中でできるトスバッティング練習場、と言いますか「トスバッティング練習室」を作りましたので公開します! なぜ、自宅にトスバッティング練習場を作ったのか? 我が家には小学5年生と小学3年生の息 ...

2

『少年野球で日本一強いチーム「和気軟式野球クラブ」のバッティング練習内容』でご紹介した、バッティング練習内容の一部を、うちの少年野球をやっている兄弟の自主練習に取り入れましたので、どのように取り入れて ...

3

少年野球をやっている長男が小学4年生の時に誕生日プレゼントとして「久保田スラッガーのグラブ(グローブ) KSG-J4」を購入しましたので、詳細レビューや使用感などをご紹介します。 ▼ 購入したミツトミ ...

4

我が家の小学5年生と3年生の兄弟は少年野球チームに所属していますが(本記事の公開時)、長男が2年生の2013年、8歳になった直後に野球のピッチング練習器具『スローイングマスターなげる~ん(なげるーん) ...

5

元ニューヨークヤンキース主将のデレク・ジーターさん監修で、ジーターさんもおすすめしていたSKLZ(スキルズ)というブランドのバッティング練習用品『ジップヒット プロ(ZIP-N-HIT PRO)』。( ...

-少年野球コラム

Copyright© 少年野球ラボ , 2017 AllRights Reserved.