少年野球ラボ

少年野球をしている子どもの野球スキルを上達させたい保護者のための情報サイト

少年野球コラム

ベネッセの広報誌『CATCH BALL(キャッチボール)』2016年春号レビュー【前編】大谷翔平選手の「夢をかなえる方法」

更新日:

我が家の少年野球をやっている兄弟が、チームの関係者経由でベネッセの広報誌『CATCH BALL(キャッチボール)』2016年春号をいただいてきたのでレビューします。

※今回は前編と後編に分けてレビューします。後編はこちら

スポンサーリンク

ベネッセの広報誌『CATCH BALL(キャッチボール)』とは?

この冊子は進研ゼミで有名な株式会社ベネッセコーポレーションが、進研ゼミ+(プラス)小学講座の広報誌として、公益財団法人全日本軟式野球連盟の協力のもと発行されている、6ページの冊子です。

この冊子の存在は知りませんでした。まあ、ぶっちゃけ、進研ゼミの会員獲得のためのツールですよね^^;

この号では、野球ノートの全員プレゼント企画がありますが、応募の際は子どもの情報を渡すことになるので、後でDMとか電話とかがあるかもしれません。

ただ、その情報を渡してでも野球ノートがほしかったので私は登録してしまいました。冊子の内容もとても良かったので、継続して読みたいと思ったほどです。

次より、詳細レビューをしていきます。

冊子の目次

  1. 日本球界のエースが明かす、夢をかなえる方法論 ~まず、一つだけでいい。具体的な『目標』を決めよう!~ 大谷翔平選手(北海道日本ハムファイターズ)
  2. メンタルトレーニングの第一人者 布施努先生が教える 子どもの力をグングン伸ばす 指導者・親の接し方
  3. 野球ノートを全員プレゼント!

【1】日本球界のエースが明かす、夢をかなえる方法論

特集は、大谷翔平選手(北海道日本ハムファイターズ)のインタビュー形式で展開される「夢をかなえる方法」について。

大谷選手によると、「目標設定」や「野球日誌」の大切さに気づき、しっかりと紙に書き始めたのは花巻東高校に入ってからとのこと。

書いた目標は、目に見えるところに貼っていたそうで、プロに入ってからも続けているそうです。

また、大谷選手は高校時代から「9マス×9マスの目標設定シート」に取り組んでいるとのこと。これは結構有名な話なので、ネットの記事とかでも話題になったことがあります。

これらのポイントとして、以下の2点が挙げられています。

  1. 書くことで頭が整理できる
  2. 「数字」と「期限」を具体的に入れる

(1)書くことで頭が整理できる

書くことによって何が変わるか」というインタビュアーの問いに対し、大谷選手は次のように答えています。

大谷選手

「頭が整理されます。無駄なことをやりたくないんです。

1回失敗したのであれば、同じ失敗を繰り返さないようにする。

そのために、今日やるべきテーマを決めて、それに対して、できたかできなかったかを自分で評価する。

ダメなところがあれば、次はこうやってみようと改善方法を考えてみます」

(2)「数字」と「期限」を具体的に入れる

大谷選手は小学5年生くらいに『高校3年生で150キロ以上投げたい』という目標を立てたそうです。

そこから逆算して『年間5キロずつ球速を上げる!』という目標に落とし込み、「数字」と「期限」を具体的にして実際に高校3年夏には161キロを記録し、目標を達成したのでした。

夢をかなえる方法論まとめ

大谷選手の「夢をかなえる方法論」とは、「目標を数字と期限で明確にし、紙に書く」ということですね。

また、「その書いた紙を目に見えるところに貼り、毎日見て、忘れないようにし、自分自身の目標を再確認し続ける」こととセットで行うことが、目標達成の秘訣ということです。

後編につづく

おすすめ記事

1

自宅に、家の中でできるトスバッティング練習場、と言いますか「トスバッティング練習室」を作りましたので公開します! なぜ、自宅にトスバッティング練習場を作ったのか? 我が家には小学5年生と小学3年生の息 ...

2

『少年野球で日本一強いチーム「和気軟式野球クラブ」のバッティング練習内容』でご紹介した、バッティング練習内容の一部を、うちの少年野球をやっている兄弟の自主練習に取り入れましたので、どのように取り入れて ...

3

少年野球をやっている長男が小学4年生の時に誕生日プレゼントとして「久保田スラッガーのグラブ(グローブ) KSG-J4」を購入しましたので、詳細レビューや使用感などをご紹介します。 ▼ 購入したミツトミ ...

4

我が家の小学5年生と3年生の兄弟は少年野球チームに所属していますが(本記事の公開時)、長男が2年生の2013年、8歳になった直後に野球のピッチング練習器具『スローイングマスターなげる~ん(なげるーん) ...

5

元ニューヨークヤンキース主将のデレク・ジーターさん監修で、ジーターさんもおすすめしていたSKLZ(スキルズ)というブランドのバッティング練習用品『ジップヒット プロ(ZIP-N-HIT PRO)』。( ...

-少年野球コラム

Copyright© 少年野球ラボ , 2017 AllRights Reserved.